コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪名部真根 いなべのまね

1件 の用語解説(猪名部真根の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

猪名部真根

生年:生没年不詳
雄略天皇の時代(457~479)の木工。猪名部は天皇や氏族に隷属する品部のひとつで,土木技術を提供する工匠集団。その部民の伴造,すなわち工匠集団の長には,新羅系の渡来人が任命されていた。4世紀末ごろ,有能な工匠が新羅より貢進され,造船や土木・建築工事にたずさわっていたという。真根は『日本書紀』雄略13(469)年の記事に名工とうたわれている。雄略天皇は宮殿・楼閣の造営に関心を持っていたといわれ,それらの造営に従事した真根は,日本に仏教建築以前の大陸建築を伝えるのに大きな役割を果たしたのであろう。<参考文献>伊藤ていじ『日本の工匠』

(高橋康夫・冨島義幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

猪名部真根の関連キーワード磐城別童女君葛城韓媛吉備上道臣吉備弓削部虚空吉備稚媛草香幡梭姫皇女坂合黒彦皇子闘鶏御田稚足姫皇女

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone