猫田 勝敏(読み)ネコタ カツトシ

20世紀日本人名事典の解説

猫田 勝敏
ネコタ カツトシ

昭和期のバレーボール選手,バレーボール監督(専売広島)



生年
昭和19(1944)年2月1日

没年
昭和58(1983)年9月4日

出生地
広島県広島市安佐南区古市

学歴〔年〕
崇徳高卒

主な受賞名〔年〕
W杯ベスト・セッター賞〔昭和44年〕,世界選手権ベスト・セッター賞,日本バレーボール協会栄誉選手賞〔昭和55年〕,20世紀最優秀賞(男子最優秀選手特別賞)〔平成13年〕

経歴
昭和37年専売広島に入社し、38年全日本入り。正確なトスワークでセッターを17年間続け、“小さな大セッター”と呼ばれた。世界選手権とワールドカップ大会に各2回出場し、1度ずつベストセッター賞を受賞。オリンピックにも東京大会から4回連続出場、ミュンヘン大会では日本チーム優勝の立役者に。51年モントリオール五輪で日本選手団旗手をつとめる。55年引退し、専売広島(現・JT)へ。同年日本バレーボール協会から初の栄誉選手賞を贈られる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

猫田 勝敏 (ねこた かつとし)

生年月日:1944年2月1日
昭和時代のバレーボール選手;監督
1983年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる