コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿曳門出諷 さるまわしかどでのひとふし

世界大百科事典 第2版の解説

さるまわしかどでのひとふし【猿曳門出諷】

歌舞伎狂言。世話物近松徳三作。2幕。1798年(寛政10)7月大坂中山与三郎座(角の芝居)初演。お俊伝兵衛物の系統に属する作品で,天明(1781‐89)初年ごろ成立の人形浄瑠璃《近頃河原達引》の書換えである。明治期まではよく上演されたが,その後は《近頃河原達引》の上演が多い。井筒屋伝兵衛は恩義ある人のために鷹の一軸を探求しているが,その一軸は亀山の武士横淵官左衛門の手にあり,しかも,官左衛門は伝兵衛の恋人の遊女お俊に横恋慕している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報