猿曳門出諷(読み)さるまわしかどでのひとふし

世界大百科事典 第2版の解説

さるまわしかどでのひとふし【猿曳門出諷】

歌舞伎狂言。世話物近松徳三作。2幕。1798年(寛政10)7月大坂中山与三郎座(角の芝居)初演。お俊伝兵衛物の系統に属する作品で,天明(1781‐89)初年ごろ成立の人形浄瑠璃近頃河原達引》の書換えである。明治期まではよく上演されたが,その後は《近頃河原達引》の上演が多い。井筒屋伝兵衛は恩義ある人のために鷹の一軸を探求しているが,その一軸は亀山の武士横淵官左衛門の手にあり,しかも,官左衛門は伝兵衛の恋人の遊女お俊に横恋慕している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さるまわしかどでのひとふし さるまはし‥【猿曳門出諷】

歌舞伎脚本。世話物。二幕。近松徳三作。寛政一〇年(一七九八)大坂角の芝居初演。浄瑠璃「近頃河原達引」を歌舞伎化した作。初演では「門出諷」を「かどでうた」とよんだ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android