獣性(読み)ジュウセイ

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐せい〔ジウ‐〕【獣性】

獣類のもつ性質。
人間のもつ、肉体的欲望などの動物的な性質。また、人間の凶暴・残忍な一面。「獣性をむき出しにする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうせい【獣性】

けもの類がもつ性質。
人間がもっている肉体的欲望などの動物的な性質。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅう‐せい ジウ‥【獣性】

〘名〙
獣類性質
② 人間の持っている、肉体的欲望などの動物的性質。
※或る女(1919)〈有島武郎〉前「葉子を恨むよりも自分達の獣性を恥ぢるやうに見えた」
③ 野性的な性質。野蛮な性質。
※日本政記(1838)六「保則曰、彼獣性、欲徳懐一レ之、須威蒞一レ之」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android