日本政記(読み)にほんせいき

世界大百科事典 第2版の解説

にほんせいき【日本政記】

神武天皇から後陽成天皇に至る編年体の歴史書。頼山陽の著。山陽没年の1832年(天保3)にほぼ脱稿,門人の関藤藤陰らが完成。漢文体16巻。天皇歴代順の簡略な通史であるが,それをふまえて,主要な人物の業績や事項をめぐって〈頼襄曰〉として92編の論賛が付けられ,山陽独特の歴史論・政治論が展開されている。45年(弘化2)刊行,61年(文久1)頼氏正本が刊行された。《頼山陽全書》《日本思想大系》所収。【頼 祺一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にほんせいき【日本政記】

歴史書。一六巻。頼山陽著。山陽死後の1845年刊。神武天皇から後陽成天皇までを漢文・編年体で記し、山陽独自の史論・政治論を展開。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本政記
にほんせいき

頼山陽(らいさんよう)が著した日本通史。1832年(天保3)山陽が病没の直前に完成した最後の著述であり、また山陽の代表的業績の一つとされている。神武(じんむ)天皇から後陽成(ごようぜい)天皇までの漢文の編年史であるが、史実の記述よりは山陽の史論が中心となっている。16巻。1838年から明治前期にかけてしばしば版を重ねてよく読まれ、また注釈書や批判書も出て、幕末・明治の国民に広く思想的影響を与えた。[福井 保]
『『頼山陽全書 第六巻』(1932・頼山陽先生遺蹟顕彰会) ▽安藤英男訳『日本政記』(1976・白川書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の日本政記の言及

【頼山陽】より

…26年《日本外史》を完成,翌年松平定信に献上。続いて《通議》《日本政記》の執筆にとりかかり,前者を完成,後者をほぼ脱稿して病没した。 その学問は朱子学を奉じたが,実用の学たることを重視した。…

※「日本政記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android