生理的(読み)せいりてき

精選版 日本国語大辞典「生理的」の解説

せいり‐てき【生理的】

〘形動〙
① からだの機能や組織の面に関するさま。
破戒(1906)〈島崎藤村〉三「夜寝られないなんてふところを見ても、どうしても生理的に異常がある」
※暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉四「不摂生から生理的(セイリテキ)に身体をこはして了ったのだ」
理屈ではなく本能的、肉体的であるさま。
※春潮(1903)〈田山花袋〉一「高尚に言へば精神的、露骨に言へば生理的に」
故旧忘れ得べき(1935‐36)〈高見順〉一「矢張り小関はその男に親しめず、それには一種生理的な、理窟で払い難いがあった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「生理的」の解説

せいり‐てき【生理的】

[形動]
からだの機能や組織に関するさま。「生理的現象
理屈ではなく本能的であるさま。「生理的に嫌悪する」
[類語](1肉体的体質的物理的ボディー身体肉体体躯からだ生体生き身生身体質体力スタミナフィジカル/(2本能的獣的獣性動物的非論理的直感的感覚的官能的感情的恣意的

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android