獣炭(読み)じゅうたん(英語表記)animal charcoal; bone black

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐たん〔ジウ‐〕【獣炭】

昔、粉炭を練って獣の形に作ったもの。中に香を入れてたくのに使った。
活性炭の一。動物の血・骨などを乾留して得られる炭素質の物質。脱色剤などとして使用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうたん【獣炭】

粉炭をねって獣の形に作ったたどん。
活性炭の一種。獣の血・肉・骨などを乾留して作った黒色の炭素質の物質の総称。吸着剤として、薬用または脱臭・脱色用に用いる。骨炭・血炭など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けもの‐ずみ【獣炭】

〘名〙 粉炭を練っての形に作ったもの。中に香を入れてたく。じゅうたん。《季・冬》
※俳諧・六百番誹諧発句合(1677)五八〇番「けもの炭けふりやうこく山あらし〈言水〉」

じゅう‐たん ジウ‥【獣炭】

〘名〙
① 粉炭を練って獣の形に作ったもの。中に香を入れて燻じるのに用いる。《季・冬》
経国集(827)一四・和出雲巨太守茶歌〈惟氏〉「沙中漉仍銀鎗子、獣炭須臾炎気盛」
② 活性炭の一種。動物の骨・血・肉などを空気を遮断した中で加熱分解して得られる炭素質。脱色、薬用に用いられる。骨炭・血炭・肉炭など。〔医語類聚(1872)〕
[補注]①については「晉書‐羊琇伝」に「屑炭和作獣形、以温酒」とある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android