獰悪(読み)ドウアク

デジタル大辞泉の解説

どう‐あく〔ダウ‐〕【×獰悪】

[名・形動]性質が乱暴で荒っぽいこと。また、そのさま。凶悪。
「人を殺し火を放ったというような、―な人物」〈鴎外高瀬舟

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうあく【獰悪】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
性質や姿かたちが凶悪で、荒々しい・こと(さま)。 「 -な人相」 「 -なる夜叉の顔を/幻影の盾 漱石

ねいあく【獰悪】

( 名 ・形動 )
「どうあく(獰悪)」の誤読。 「 -な心の雲は忽然と消えて/良人の自白 尚江

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android