激越(読み)ゲキエツ

デジタル大辞泉「激越」の解説

げき‐えつ〔‐ヱツ〕【激越】

[名・形動](スル)感情がしく高ぶること。感情が高ぶって言動が荒々しくなること。また、そのさま。「激越な口調で演説する」
「情に—して理義を忘るる為に」〈魯庵・「破垣」発売停止に就き当路者及江湖に告ぐ〉
[派生]げきえつさ[名]
[類語]激しいすさまじい強烈猛烈激烈熾烈しれつ苛烈かれつ激甚急激峻烈しゅんれつ矯激きょうげきドラスチックファナティック過激ラジカル先鋭烈烈痛烈辛辣シビア情熱的意欲的精力的熱狂的熱情的白熱的エネルギッシュ狂熱熱烈烈烈熱血熱っぽい血が騒ぐ血気盛んパッショネートホットバイタル活発快活精彩元気活動的動的ダイナミックエナジェティックあぶらが乗る水を得たうおのようバイタリティー生き生き生き生き元気きゃぴきゃぴいけいけのりのりぴちぴち溌剌はつらつ生生せいせいビビッド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「激越」の解説

げき‐えつ ‥ヱツ【激越】

〘名〙 (形動) 感情がはげしくたかぶって荒々しいこと。声などのはげしく高いこと。また、そのさま。
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「壮快激越(ゲキエツ)なる者を見てはわれしらず感激奮発なし」 〔班固西都賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「激越」の解説

【激越】げきえつ(ゑつ)

声調がはげしい。・班固〔西都の賦〕櫂女(たうぢよ)謳(うた)ひ、鼓吹震ふ。聲激越にして、(くわう)として天に(いた)る。は群し、を窺ふ。

字通「激」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android