獰猛(読み)ドウモウ

  • ×獰猛
  • どうもう ダウマウ
  • どうもう〔ダウマウ〕
  • ねいもう ‥マウ
  • ねいもう〔マウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]性質が荒く乱暴であること。また、そのさま。「獰猛な顔つき」「獰猛な動物」
[補説]「ねいもう」は誤読。
[派生]どうもうさ[名]
[名・形動]どうもう(獰猛)」の誤読

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) 荒々しく強悪なこと。性質が残忍で乱暴なこと。また、そのさま。
※近古史談(1864)二「有一大虎、獰猛排茅葦而進」
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉六「男の顔が甚だ獰猛(ダウマウ)に出来ている」
〘名〙 (形動) 「どうもう(獰猛)」の誤読。
※亜非利加内地三十五日間空中旅行(1883‐84)〈井上勤訳〉三「獰猛(ネイモウ)たる蛮民群を成して襲撃の憂ありと雖ども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

獰猛の関連情報