コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

獰猛 ドウモウ

デジタル大辞泉の解説

どう‐もう〔ダウマウ〕【×獰猛】

[名・形動]性質が荒く乱暴であること。また、そのさま。「獰猛な顔つき」「獰猛な動物」
[補説]「ねいもう」は誤読。
[派生]どうもうさ[名]

ねい‐もう〔‐マウ〕【×獰猛】

[名・形動]どうもう(獰猛)」の誤読

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうもう【獰猛】

( 形動 ) [文] ナリ 
強く、荒々しいさま。凶悪で乱暴なさま。 「 -な顔付き」 「 -な犬」
[派生] -さ ( 名 )

ねいもう【獰猛】

「どうもう(獰猛)」の誤読。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

獰猛の関連キーワード働・僮・動・同・堂・導・撓・撞・洞・獰・瞠・瞳・童・胴・道・銅妄・孟・望・朦・毛・濛・猛・盲・網・耄・耗・蒙エルシリャ・イ・スニガチベタン・マスティフパタデール・テリアティラノサウルスツァガンエブゲンヒョウアザラシディニクティスピーター・パンモササウルスハイイログマオオカミウオシャングリラクロコダイルブル・テリアメジロザメスズメバチオニカマスナイルワニ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

獰猛の関連情報