獰猛(読み)どうもう

精選版 日本国語大辞典「獰猛」の解説

どう‐もう ダウマウ【獰猛】

〘名〙 (形動) 荒々しく強悪なこと。性質が残忍で乱暴なこと。また、そのさま。
※近古史談(1864)二「有一大虎茅葦而進」
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉六「男の顔が甚だ獰猛(ダウマウ)に出来ている」

ねい‐もう ‥マウ【獰猛】

〘名〙 (形動) 「どうもう(獰猛)」の誤読
※亜非利加内地三十五日間空中旅行(1883‐84)〈井上勤訳〉三「獰猛(ネイモウ)たる蛮民群を成して襲撃の憂ありと雖ども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「獰猛」の解説

どう‐もう〔ダウマウ〕【×獰猛】

[名・形動]性質が荒く乱暴であること。また、そのさま。「獰猛な顔つき」「獰猛な動物」
[補説]「ねいもう」は誤読。
[派生]どうもうさ[名]
[類語]狂暴凶暴凶猛獰悪激越猛悪鉄火

ねい‐もう〔‐マウ〕【×獰猛】

[名・形動]どうもう(獰猛)」の誤読。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android