コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉の台 タマノウテナ

デジタル大辞泉の解説

たま‐の‐うてな【玉の台】

美しくりっぱな建物。玉楼(ぎょくろう)。ぎょくだい。
「いづこかさして、とおもほしなせば、―も同じことなり」〈夕顔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たまのうてな【玉の台】

立派な御殿。玉楼。 「 -をも見む/竹取」
天皇の位。帝位。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

玉の台の関連キーワード色ふ・彩ふ・艶ふ染め草・染草寄り合はす八重崎検校為り返る松浦検校よそよそ思ひ扱ふ曇り無し頻婆果賢しら尼法師桟敷殿紫磨金まうし狩衣姿地火炉雅びか罵る恐り

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉の台の関連情報