コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓮葉 ハスハ

デジタル大辞泉の解説

はす‐は【×蓮葉】

[名・形動]《「はすば」とも》
ハスの葉。
女性の態度や言葉が下品で軽はずみなこと。また、そのさま。はすっぱ。「蓮葉な声をたてて笑う」
蓮葉女」の略。
「此家の小間使にてお種という―なり」〈紅葉・二人女房〉
浮薄なこと。軽率なこと。また、そのさま。
「これは旦那、日ごろと違い―なる御仕方」〈浮・禁短気・一〉

はちす‐ば【×蓮葉】

ハスの葉。
「―の濁りにしまぬ心もて何かは露を玉とあざむく」〈古今・夏〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はすは【蓮葉】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「はすば」 「はすわ」とも〕
(特に女性について)派手で浮ついていること。態度やおこないが下品でいやらしいこと。また、そのさま。 「 -を罷めて優に艶しく女性らしくなるはずもなし/浮雲 四迷」 「 -に云つて、口惜しさうに力のない膝を緊め合せる/婦系図 鏡花
なまめかしく、異性をひきつけること。また、浮気なこと。また、そのさま。 「なさけも有つて-に見えて、どうでも男のなりふりぢや/浄瑠璃・八花形」
はしたないこと。軽率なこと。また、そのさま。 「是は旦那、日比ひごろと違ひ-なる御仕形/浮世草子・禁短気」
蓮葉女 」に同じ。

はちすば【蓮葉】

ハスの葉。 「 -の濁りにしまぬ心もて何かは露を玉とあざむく/古今

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

蓮葉の関連キーワード好色一代女ハス(蓮)饗庭篁村鯉つかみはすっぱ御佩刀を姿の池下問屋蓮っ葉婦系図ハス染む海氷晶氷

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蓮葉の関連情報