蓮葉(読み)ハスハ

デジタル大辞泉の解説

はす‐は【×蓮葉】

[名・形動]《「はすば」とも》
ハスの葉。
女性の態度や言葉が下品で軽はずみなこと。また、そのさま。はすっぱ。「蓮葉な声をたてて笑う」
蓮葉女」の略。
「此家の小間使にてお種という―なり」〈紅葉・二人女房〉
浮薄なこと。軽率なこと。また、そのさま。
「これは旦那、日ごろと違い―なる御仕方」〈浮・禁短気・一〉

はちす‐ば【×蓮葉】

ハスの葉。
「―の濁りにしまぬ心もて何かは露を玉とあざむく」〈古今・夏〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

はすっ‐ぱ【蓮葉】

〘名〙
① (形動) 「はすは(蓮葉)」の変化した語。
※評判記・吉原人たばね(1680頃)小いつみ「たた、かさかみのはすっはにて、がさがさいふと、ひかゆるひつぢゃう」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「私(わっち)をそんなはすっ葉(パ)だとおおもひか」
※歌舞伎・助六由縁江戸桜(1761)「この蓮葉(ハスッパ)をとれ〈略〉と助六、満江の編笠を取る」

はす‐は【蓮葉】

〘名〙 (「はすば」「はすわ」とも)
① 蓮の円く楯形をした葉。
※俳諧・崑山集(1651)七秋「盆に物もれとてまろき蓮葉哉〈貞徳〉」
② (形動) 浮薄なこと。軽はずみなこと。軽率なこと。言動につつしみがないこと。また、そのさま。
※仮名草子・他我身の上(1657)三「まづ其方のなりふりがはすはなるにより」
③ (形動) 特に、女性の態度・動作が下品で軽はずみなこと。浮気なこと。また、そのさま。
※長唄・京鹿子娘道成寺(1753)「都育ちははすはな者ぢゃえ」
④ (形動) 服装、つくりなどが軽薄なまでに派手であること。また、そのさま。
※評判記・色道大鏡(1678)一四「はすはといふは、女にかぎらず風流過てばしなるかたちを、はすはなる躰などいふ」
※浮世草子・好色一代男(1682)三「あれは問屋方にはすはと申て、眉目大形なるを東国西国の客の寝所さすため抱て」

はちす‐ば【蓮葉】

〘名〙 蓮(はす)の葉。はすは。
※万葉(8C後)一三・三二八九「御佩を 剣の池の 蓮葉に たまれる水の ゆくへなみ」

れん‐よう ‥エフ【蓮葉】

〘名〙 蓮(はす)の葉。荷葉。
※本朝文粋(1060頃)一三・祭亀山神文〈兼明親王〉「或身遊蓮葉、不幾万年」 〔史記‐亀策伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報