コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉叟良珍 ぎょくそう りょうちん

1件 の用語解説(玉叟良珍の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉叟良珍 ぎょくそう-りょうちん

?-1498 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。相模(さがみ)(神奈川県)の人。丹波永沢(ようたく)寺(兵庫県)の普済善救に師事し,その法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺,越前(えちぜん)(福井県)竜泉寺の住持をへて,永享4年加賀(石川県)に竜谷寺(のちの宗徳寺)をひらいた。明応7年8月死去。永享10年(1438)死去とも。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

玉叟良珍の関連キーワードポライウオロ[兄弟]士禍ブロアバロア朝明応の地震ウィーン少年合唱団今切インド航路コージコード浜名湖

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone