コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さかずきwinecup; goblet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


さかずき
winecup; goblet

酒を飲むために使用する容器。骨角,木,土,陶磁,石,金属,ガラス製などがある。動物の角で作った角杯の時代から土器などの生れる段階で,特に飲酒用の容器が作られるようになり,儀礼的な機能や酒の種類の多様化,飲み方の推移とともに,多くの形式の杯が作られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さか‐ずき〔‐づき〕【杯/×盃/×坏】

《「酒(さか)杯(つき)」の意》
酒を飲むのに使う小さな器。多く、口が朝顔形に開いたものをいう。「―を酌み交わす」「―を干す」
杯事(さかずきごと)2」に同じ。「親分子分の―を取り交わす」「固めの―」

はい【杯/×盃】

[名]酒を入れて飲む器。さかずき。「―を重ねる」「―を挙げて健康を祝す」
[接尾]助数詞。撥音のあとでは「ばい」、促音のあとでは「ぱい」となる。
器に入れた液体、茶碗に盛った飯などを数えるのに用いる。「一ぱいの水」「御飯を三ばい食べる」
たこ・いか・あわびなどを数えるのに用いる。
船を数えるのに用いる。隻(せき)。

はい【杯】[漢字項目]

常用漢字] [音]ハイ(漢) [訓]さかずき
〈ハイ〉
酒を入れて飲む器。さかずき。「杯盤乾杯玉杯苦杯献杯酒杯祝杯返杯
記念にするカップ。「賜杯賞杯優勝杯
〈さかずき〉「水杯
[補説]「盃」は異体字人名用漢字

はた【杯】

[接尾]はい(杯)1」に同じ。
「湯槽(ゆぶね)に藁(わら)を細々と切りて、一―入れて」〈宇治拾遺・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

杯【さかずき】

盃とも記す。酒を飲む器。古くは土器(かわらけ)が用いられたので坏の字が当てられ,中世以降木製の杯が普及,さらに塗杯や金・銀杯もできた。今日ではおもに陶製のものが使われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

さかずき【杯/盃】

酒をついで飲むための小さなうつわ。古くは土器(かわらけ)であったが、次第に金属、漆器陶磁器、ガラスなどが用いられるようになった。特に、浅い円錐形に開いた形で高台(こうだい)のあるものをいうこともある。神事や儀式、晴れの席などには、こんにちもこの形の漆器や土器を用いることが多い。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


さかずき

盃とも書く。酒を飲む容器。猪口(ちょく、ちょこ)ともいう。酒杯(さかつき)あるいは酒注(さかつぎ)から転訛(てんか)したとされ、杯、盃のほか坏、盞、、爵、、觚、、鍾など多くの字をあてる。古くは素焼の土器(かわらけ)が一般的であったが、やがて金銀製の杯や木製漆器の杯が登場し、中世には杯といえば朱漆塗りの木杯をさすまでに広がった。『和漢三才図会』によれば、すでに正徳(しょうとく)年間(1711~1716)には陶磁器製の杯が現れていたが、まだ一般には用いられず、喜田川守貞(きたがわもりさだ)の『守貞漫稿』には「杯モ近年ハ漆杯ヲ用フルコト稀(まれ)ニテ、磁器ヲ専用トス」とあり、陶磁器杯が普及するのは天保(てんぽう)期(1830~1844)以降と考えられる。古い時代には、漆器の大杯が重用されていたが、江戸時代に入ると「銘々杯」という小型の杯を用いる風習がおこり、遊里や居酒屋をはじめ家庭の晩酌に至るまで、小杯による飲酒が普及した。このころ酒の製法は濁酒から清酒へと発達して、これに伴い酒の飲用も冷酒から燗(かん)酒へと移り、酒注(つ)ぎの道具も土器杯には瓶子(へいじ)、漆器杯には提子(ひさげ)・銚子(ちょうし)、陶磁器杯には燗徳利というように、使用する杯の資材にあったものが用いられた。ことに「猪口(ちょこ)」といわれる陶磁器製の杯は、燗徳利の流行とともに普及し、現在では杯を代表するまでになっている。幕末にはガラス製の杯や錫(すず)製の杯も現れた。杯の変わり種としては可杯(べくさかずき)、天狗(てんぐ)杯、枡(ます)杯、袋杯などがある。しかし燗酒を猪口で飲むのは略式とされて、正式の儀礼には大小三重(みつがさね)の朱漆杯に冷酒を注ぐ方式がとられ、この姿はいまも結婚式の三三九度(さんさんくど)の杯として伝えられている。儀礼用の組杯をのせる台を杯台(さかずきだい)といい、江戸時代には金蒔絵(きんまきえ)を施した豪華なものが用いられたが、現在では結婚式か正月の祝い酒などに使用される程度である。[宮垣克己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

杯の関連キーワードアクセル・ルント スヴィンダルフェリックス ゴットワルトイヴィツァ コステリッツアナ フェニンガー八杯豆腐・八盃豆腐五輪代表の予定グラスを重ねるティーバッグララ グートティナ マゼトンプソン賜杯・賜盃玉杯・玉盃リュトン三三九度杯を返す固めの杯流觴曲水五度入り七度入り

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

杯の関連情報