コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王冕 おうべん Wang Mian

2件 の用語解説(王冕の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王冕
おうべん
Wang Mian

[生]元統3(1335)
[没]永楽5(1407)
元末明初の画家,詩人。字は元章,号は煮石山農,会稽外史,竹斎,飯牛翁,梅花屋主など。諸曁 (浙江省) の人。科挙の試験に失敗し,処士として諸方を遊歴した。著書に『竹斎詩集』がある。代表作『墨梅図』 (宮内庁) は「千花万蘂 (ずい) 」と評される華麗な画風で,明代以後の墨梅の規範となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

王冕
おうべん
(1335―1409)

中国、元(げん)末明(みん)初の文人画家。同時期には墨梅(水墨画の梅)専門の画家が多く出ているが、そのなかでもっとも著名な画家。諸曁(しょき)(浙江(せっこう)省諸曁県)出身。字(あざな)は元章。号には老村、煮石山農、山農、飯牛翁(おう)、竹堂、会稽(かいけい)外史、梅花屋主などがある。幼少から好学心が強かったが、家が貧しく苦学した。会稽の儒者韓性(かんせい)に認められて門下生となり、通儒と称されるまでになった。科挙の試験をたびたび受けたが失敗し、官につくのを断念し、諸方遊歴ののち、元末の乱を避けて九里山に隠栖(いんせい)し、画作して生活した。墨竹も得意としたが、とくに墨梅が高く評価され、南宋(なんそう)の楊補之(ようほし)と比較せられた。その名声は室町時代のわが国にも知られ、作品も伝来し、応永(おうえい)期(1394~1428)の墨梅画家物外などにも影響を与えている。代表作の一つに正木美術館所蔵の『墨梅図』がある。[星山晋也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

王冕の関連キーワード永楽妙全永楽銭永楽永楽通宝永楽窯エヌ勃・歿・没永楽焼三角数

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

王冕の関連情報