先客(読み)せんかく

精選版 日本国語大辞典 「先客」の意味・読み・例文・類語

せん‐かく【先客】

〘名〙 (「かく」は「客」の漢音) =せんきゃく(先客)
評判記色道大鏡(1678)二「但もらひかぬるといふは、先客(センカク)をかぼふ心か、後の客に心の来らぬかにて、しぶる事也」

せん‐きゃく【先客】

〘名〙 先に来た客。すでに来ている客。また、以前の客。せんかく。〔和英語林集成初版)(1867)〕
窮死(1907)〈国木田独歩〉「先客(センキャク)三人も今来た一人も」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「先客」の意味・読み・例文・類語

せん‐きゃく【先客】

先に来た客。「先客がある」
[類語]客人来客訪客来訪者訪問者賓客来賓まろうどゲスト珍客弔客

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android