弔客(読み)チョウキャク

デジタル大辞泉 「弔客」の意味・読み・例文・類語

ちょう‐きゃく〔テウ‐〕【弔客】

死者をとむらうために来る客。ちょうかく。
[類語]客人来客訪客来訪者訪問者賓客来賓まろうどゲスト先客珍客

ちょう‐かく〔テウ‐〕【弔客】

ちょうきゃく(弔客)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「弔客」の意味・読み・例文・類語

ちょう‐かく テウ‥【弔客】

〘名〙 ある人の死をとむらう人。くやみに来る人。とむらい客。弔者。ちょうきゃく。
東京の三十年(1917)〈田山花袋独歩の死「田舎で死んで、そしてあれほど多くの弔客を集めたものは沢山あるまい」 〔呉志‐虞翻伝裴注〕

ちょう‐きゃく テウ‥【弔客】

大道無門(1926)〈里見弴隣人「十四五人居流れた弔客(テウキャク)の」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通 「弔客」の読み・字形・画数・意味

【弔客】ちよう(てう)きやく

弔問の人。〔三国志、呉、虞翻伝注に引く虞翻別伝〕生きては與(とも)に語るべき無く、死しては蠅を以て弔客と爲さん。天下に一人己を知るあらしめば、以て恨みざるに足る。

字通「弔」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android