コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現し/顕し ウツシ

2件 の用語解説(現し/顕しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うつ・し【現し/顕し】

[形シク]《「うつつ」と同語源》
現実にこの世に生きている。
「葦原の中つ国にあらゆる―・しき青人草」〈・上〉
正気である。気が確かである。
「春の日のうら悲しきにおくれゐて君に恋ひつつ―・しけめやも」〈・三七五二〉
[補説]上代には未然形・已然形に「しけ」の活用があった。なお、終止形(語幹)「うつし」はそのままで連体修飾用法となることもある。「うつしごころ」「うつしおみ」など。

あらわし〔あらはし〕【現し】

木造建築で、柱や梁などの構造材が見える状態で仕上げる手法。天井を張らずに梁を見せるなど。→ハーフティンバー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現し/顕しの関連キーワード暑い扱はし写る渇き狎れる討つ撃つ仮す

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone