現し/顕し(読み)ウツシ

デジタル大辞泉の解説

うつ・し【現し/顕し】

[形シク]《「うつつ」と同語源》
現実にこの世に生きている。
「葦原の中つ国にあらゆる―・しき青人草」〈・上〉
正気である。気が確かである。
「春の日のうら悲しきにおくれゐて君に恋ひつつ―・しけめやも」〈・三七五二〉
[補説]上代には未然形已然形に「しけ」の活用があった。なお、終止形語幹)「うつし」はそのままで連体修飾用法となることもある。「うつしごころ」「うつしおみ」など。

あらわし〔あらはし〕【現し】

木造建築で、柱や梁などの構造材が見える状態で仕上げる手法。天井を張らずに梁を見せるなど。→ハーフティンバー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android