コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現し/顕し ウツシ

デジタル大辞泉の解説

うつ・し【現し/顕し】

[形シク]《「うつつ」と同語源》
現実にこの世に生きている。
「葦原の中つ国にあらゆる―・しき青人草」〈・上〉
正気である。気が確かである。
「春の日のうら悲しきにおくれゐて君に恋ひつつ―・しけめやも」〈・三七五二〉
[補説]上代には未然形已然形に「しけ」の活用があった。なお、終止形語幹)「うつし」はそのままで連体修飾用法となることもある。「うつしごころ」「うつしおみ」など。

あらわし〔あらはし〕【現し】

木造建築で、柱や梁などの構造材が見える状態で仕上げる手法。天井を張らずに梁を見せるなど。→ハーフティンバー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

現し/顕しの関連キーワードプロダクトライフサイクルスプリングエフェメラル寄せ木細工・寄木細工肉ジバン・肉ジュバン高尾懺悔・高尾懴悔布目塗り・布目塗月山卯年御縁年山越え阿弥陀行き変はる織りネーム天然色映画閑清縫いクーナウ蛇腹伏せのこのこ三界唯心磨り出す覆面頭巾笑い仏現人神

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android