(読み)アラ

デジタル大辞泉の解説

あら【現】

[接頭]名詞に付いて、目に見える形をもつ、現にこの世に存在する、の意を表す。「人神(あらひとがみ)」「神(あらがみ)」

うつつ【現】

この世に現に存在しているもの。現実。夢・虚構などに対していう。「夢かか幻か」
意識の正常な状態。正気。「に返る」
《「夢うつつ」「夢かうつつか」などの形で用いられるところから誤って》夢とも現実ともはっきりしない状態。夢見心地。夢心地。
「昨今の―は事実かも知れないと思った」〈漱石草枕
現実に生きている状態。現存。死に対していう。
「―の人々の中に忍ぶることだに、隠れある世の中かは」〈・手習〉

おつつ〔をつつ〕【現】

現在。うつつ
「今の―に尊きろかむ」〈・八一三〉
[補説]助詞「に」に続くときは「おつづに」と濁音化することもあった。

げん【現】

(連体詞的に用いて)現在の。今の。「政府」「段階」「チャンピオン」
現世(げんせ)」の略。「過未」
「あまねく―には千幸万福に楽しみて」〈盛衰記・三九〉
現に

げん【現】[漢字項目]

[音]ゲン(呉) [訓]あらわれる あらわす うつつ うつし
学習漢字]5年
〈ゲン〉
見えなかったものが見えてくる。あらわれる。あらわす。「現象具現再現実現出現体現表現
今。まのあたり。実際の。「現行現在現実現状現代現地現物
〈うつつ〉「夢現
[名のり]あり・み
[難読]現津神(あきつかみ)現人神(あらひとがみ)現身(うつしみ)現世(うつしよ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あら【現】

( 接頭 )
名詞に付いて、世に現れている、目に見えている、の意を表す。 「 -人神」

うつし【現】

(形容詞「うつし」の語幹)

うつつ【現】

(夢に対して)目がさめている状態。現実。 「夢か-か幻か」
正常な心の状態。正気。本心。 「 -にかえる」
(「夢うつつ」の形で使われることから誤って)夢見心地。半覚醒。 「『…、お吸物が冷めます。』と言ふのを-に聞きながら/多情多恨 紅葉
(死に対して)生きている状態。 「 -にありしやうにてありと見て/更級」
[句項目] 現を抜かす

おつつ【現】

〔上代では「おつづ」〕
今。うつつ。 「いにしへゆ今の-に/万葉集 3985

げん【現】

今、実際に存在すること。 「 -にここにある」
現在その地位にあること。 「無所属-」
漢語の上に付いて連体詞的に用いる。今の。現在の。 「 -政府」 「 -執行部」
現世。 「普あまねく-には千幸万福に楽しみて/盛衰記 39
実際にある物。本物。 「 -の山伏ならば、よも関手をばなさじ/義経記 7

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

現の関連情報