コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

理忠女王 りちゅうじょおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

理忠女王 りちゅうじょおう

1641-1689 江戸時代前期,後水尾(ごみずのお)天皇の皇女。
寛永18年8月22日生まれ。母は逢春門院。明暦2年姉の理昌女王の跡をつぎ,得度して京都宝鏡寺21世となる。天和(てんな)元年景愛寺住持となり,紫衣(しえ)をゆるされる。元禄(げんろく)2年高徳院の号をあたえられ,同年8月26日死去。49歳。幼称は柏(香枝)宮。法名義山理忠

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

理忠女王 (りちゅうじょおう)

生年月日:1641年8月22日
江戸時代前期;中期の女性。尼僧
1689年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

理忠女王の関連キーワード了然元総尼生年月日理豊女王皇女

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android