理財(読み)りざい

精選版 日本国語大辞典「理財」の解説

り‐ざい【理財】

〘名〙 金銭物を有利な結果を得るように取り扱うこと。経済。
※泰西国法論(1868)〈津田真道訳〉一「政令財は万機一途に出て命令能く行はるるを以て緊要とす」
※或る女(1919)〈有島武郎〉前「収入も相当にはあったけれども、理財の道に全く暗い」 〔易経‐繋辞下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「理財」の解説

【理財】りざい

財貨を正しく管理運用する。〔易、辞伝下〕財を理(をさ)め、辭を正し、を爲すを禁ずるをと曰ふ。

字通「理」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android