理財(読み)リザイ

大辞林 第三版の解説

りざい【理財】

金銭、財物を有効に用いること。経済。 「 -の道にたけている」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

り‐ざい【理財】

〘名〙 金銭財物を有利な結果を得るように取り扱うこと。経済。
※泰西国法論(1868)〈津田真訳〉一「政令理は万機一途に出て命令能く行はるるを以て緊要とす」
※或る女(1919)〈有島武郎〉前「収入も相当にはあったけれども、理財の道に全く暗い」 〔易経‐繋辞下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

理財の関連情報