理財(読み)りざい

精選版 日本国語大辞典「理財」の解説

り‐ざい【理財】

〘名〙 金銭物を有利な結果を得るように取り扱うこと。経済。
※泰西国法論(1868)〈津田真道訳〉一「政令理財は万機一途に出て命令能く行はるるを以て緊要とす」
※或る女(1919)〈有島武郎〉前「収入も相当にはあったけれども、理財の道に全く暗い」 〔易経‐繋辞下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「理財」の解説

り‐ざい【理財】

財貨を有効に運用すること。経済。「理財にたける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android