コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琴占 ことうら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

琴占
ことうら

占い一種神降ろしをする巫女がを弾きながら神秘的な気配をつくること,およびその際の琴の弾き方の調子のうちにこもる神意を判断すること。『日本書紀』に神功皇后が朝鮮半島進攻に際して筑紫の宮で琴占を行なった記述がみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こと‐うら【琴占】

古代の占いの一。琴を弾いて神霊を迎え、神がかりした人の口から出る託宣によって吉凶を占った。後世は、琴の代わりに琴板(こといた)を笏(しゃく)でたたいて占った。→琴板

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ことうら【琴占】

古代の占いの一種。琴を搔き鳴らして神霊を呼び迎え、吉凶を占うもの。のちには琴板を笏しやくでたたいて占った。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

琴占の関連キーワード古代

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android