コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琴欧洲 ことおうしゅう

知恵蔵の解説

琴欧洲

大相撲佐渡ケ嶽部屋の元大関。1983年2月19日生まれ、ブルガリア・ベリコタロノボ出身。202センチメートル、155キログラム。本名、安藤カロヤン。特技は右四つ、寄り。2014年3月20日に引退した。
元々はレスリングの選手で、欧州ジュニア大会での優勝経験がある。オリンピック出場を目指していたものの、オリンピックの最重量階級が130キロ級から120キロ級に変更されたことから断念し相撲に転向した。
00年ドイツ相撲選手権大会優勝、01年ヨーロッパ相撲選手権大会個人3位・団体優勝などの成績を残し、02年11月場所で初土俵を踏む。ヨーロッパ出身であることからしこ名を「琴欧州」とした。長身とレスリング技術を生かしてスピード出世し、翌03年初場所に7戦全勝で序ノ口優勝。04年5月場所には新十両、7月場所に13勝2敗で十両優勝し、当時としては最速のデビュー11場所で新入幕した。
05年3月場所、新小結に昇進。05年9月場所、新関脇で13勝。翌11月場所も11勝を挙げ、場所後に大関に昇進した。序ノ口デビューから19場所での昇進で、史上最速記録である。この間、殊勲賞2回、敢闘賞3回を受賞している。06年11月場所から、しこ名を「琴欧洲」とした。
端正な顔立ちから「角界のベッカム」と呼ばれ、力強い相撲で人気を集めた。08年5月場所で念願の初優勝を達成し、横綱の期待は大きかったが、その後は、肩、ひじ、ひざ、腰など多くの故障に苦しみ7度の角番を経験した。13年11月場所で左肩を脱臼して途中休場し、大関から陥落。14年初場所で10勝以上を挙げれば大関復帰できるところであったが、8勝7敗で復帰はならず。3月場所で2日目から9連敗して11日目から休場。翌3月20日に引退届けを提出した。引退会見では「お相撲さんになって良かった」と語っている。今後は部屋に残り、親方として後進の指導にあたる。大関在位47場所は史上4位。14年1月に日本国籍を取得している。

(葛西奈津子  フリーランスライター / 2014年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

琴欧洲の関連キーワード魁皇博之

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

琴欧洲の関連情報