コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甘縄藩 あまなわはん

2件 の用語解説(甘縄藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甘縄藩
あまなわはん

江戸時代前期,相模国 (神奈川県) 高座郡を領有した譜代小藩。天正 18 (1590) 年本多正信が1万石を封じられ,寛永2 (1625) 年松平氏の所領となり2万 2000石を領したが,元禄 16 (1703) 年上総 (千葉県) 大多喜に転封後は天領となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甘縄藩
あまなわはん

江戸時代、相模(さがみ)国鎌倉郡甘縄(神奈川県鎌倉市城廻(しろめぐり))に置かれた譜代(ふだい)藩。玉縄藩が正称。戦国時代は小田原北条氏の一族北条氏勝(うじかつ)が居城。1590年(天正18)徳川家康の関東入国に際し本多正信(ほんだまさのぶ)が1万石で配されたというのが定説になっているが、正しくは水野忠守(ただもり)らによる番城制。1596年(慶長1)松平(大河内(おおこうち))正綱(まさつな)が国内淘綾(ゆるぎ)郡万田(まんだ)村(平塚市)に380石を与えられ、ついで1625年(寛永2)相模国、武蔵(むさし)国、三河国、大和(やまと)国で計2万2000石余を拝領、甘縄を居城とした。1648年(慶安1)2代正信のとき新墾田3000石を弟季綱(すえつな)に分知し所領は2万石となる。1698年(元禄11)3代正久のとき武蔵国所領は三河国に移され、1703年上総(かずさ)国大多喜(おおたき)に転封、廃藩となった。[神彰利]
『『神奈川県史 通史編2 近世1』(1981・神奈川県)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

甘縄藩の関連キーワード神奈川県相模原市南区磯部神奈川県海老名市神奈川県高座郡寒川町岡田神奈川県高座郡寒川町倉見神奈川県高座郡神奈川県高座郡寒川町小谷神奈川県高座郡寒川町神奈川県相模原市緑区田名神奈川県高座郡寒川町中瀬神奈川県高座郡寒川町宮山

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone