コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天然繊維 テンネンセンイ

3件 の用語解説(天然繊維の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんねん‐せんい〔‐センヰ〕【天然繊維】

植物・動物・鉱物を原料とする繊維。綿・麻・絹・羊毛・石綿など。→合成繊維

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てんねんせんい【天然繊維】

化学繊維に対し、天然の植物・動物・鉱物からとった繊維。綿・麻・羊毛・絹・アスベストなど。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天然繊維
てんねんせんい
natural fiber

繊維のうち天然に産出するものをいう。古代から衣料として用いられていたのはいうまでもなく天然繊維であり、植物系のものでは木綿、亜麻(あま)、大麻(たいま)、マニラ麻などがあり、動物系のものは羊毛、モヘア、カシミヤ、ラクダ、アルパカのほかに家蚕や野蚕絹があり、鉱物系にアスベストがある。いずれも特徴をもち古くから衣料用として重宝されてきた。[垣内 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の天然繊維の言及

【繊維】より

…そのほかにも特徴をもつ合成繊維が数多く生産されている。
[繊維の分類]
 繊維はその生成過程で分ければ天然繊維と人造繊維に大別され,それはさらに表1のように分類される。鉱物繊維と人造無機繊維を除いて,繊維はすべて高分子化合物でできている。…

※「天然繊維」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天然繊維の関連キーワード岩石繊維植物繊維繊維作物繊維製品マニラ紙植物性肥料動物性肥料合成繊維紙パイチュウ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天然繊維の関連情報