生死即涅槃(読み)しょうじそくねはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生死即涅槃
しょうじそくねはん

誕生と死との繰返しである生存そのものが,仏教の究極の目的ニルバーナ (→涅槃 ) にほかならないとする大乗仏教に特徴的な主張。しばしば煩悩即菩提 (ぼんのうそくぼだい) と対句の形で用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

生死(しょうじ)即(そく)涅槃(ねはん)

悟った仏智(ぶっち)から見れば、生死の迷いの境界そのままが、不生不滅の涅槃の境界であるということ。煩悩(ぼんのう)即菩提(ぼだい)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうじそくねはん【生死即涅槃】

生滅を繰り返す人間の生を離れて涅槃なく、涅槃を離れた生滅というものもない。煩悩をもつ衆生しゆじようのあり方と悟りを開いた仏の世界とは相対立するものではなく、実は同一の世界なのだということ。現実肯定的な大乗仏教の立場を強調した語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうじ【生死】 即(そく)涅槃(ねはん)

仏語。無差別平等の道理を知る真実智からみれば、生死の差別相を離れて涅槃なく、涅槃の平等心を離れて生死はありえないということ。また、迷いとして捨てるべきものも、悟りとして証すべきものもないという意で、諸法実相を明らかにするもの。→ねはん(涅槃)
往生要集(984‐985)大文四「生死即涅槃、煩悩即菩提」 〔摂大乗論‐下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android