コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生死即涅槃 しょうじそくねはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生死即涅槃
しょうじそくねはん

誕生と死との繰返しである生存そのものが,仏教の究極の目的ニルバーナ (→涅槃 ) にほかならないとする大乗仏教に特徴的な主張。しばしば煩悩即菩提 (ぼんのうそくぼだい) と対句の形で用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

生死(しょうじ)即(そく)涅槃(ねはん)

悟った仏智(ぶっち)から見れば、生死の迷いの境界そのままが、不生不滅の涅槃の境界であるということ。煩悩(ぼんのう)即菩提(ぼだい)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうじそくねはん【生死即涅槃】

生滅を繰り返す人間の生を離れて涅槃なく、涅槃を離れた生滅というものもない。煩悩をもつ衆生しゆじようのあり方と悟りを開いた仏の世界とは相対立するものではなく、実は同一の世界なのだということ。現実肯定的な大乗仏教の立場を強調した語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

生死即涅槃の関連キーワード生滅

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android