コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摂大乗論 しょうだいじょうろんMahāyāna-saṃparigraha-śāstra

6件 の用語解説(摂大乗論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

摂大乗論
しょうだいじょうろん
Mahāyāna-saṃparigraha-śāstra

仏教の唯識説を体系的に論述した無着の著書。 10章より成る。龍樹の般若思想と弥勒の唯識思想とを一つの組織に組上げた,いわばインド大乗仏教を総括する書。真諦によって中国に伝えられて漢訳され,それに基づいて摂論宗が成立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうだいじょうろん〔セフダイジヨウロン〕【摂大乗論】

大乗論書。北インドの無着(むじゃく)著。後魏の仏陀扇多訳2巻、梁(りょう)の真諦訳3巻、唐の玄奘(げんじょう)訳3巻、隋の達摩笈多訳があり、チベット語訳もある。唯識説に基づき、大乗仏教全体を整然と組織だてて示したもの。摂論(しょうろん)宗の根本聖典とされた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

摂大乗論【しょうだいじょうろん】

インド大乗仏教の論書。4世紀後半の成立。《摂論》と略。無著(むぢゃく)の著。10章に分かれ,唯識(ゆいしき)説に基づいて,一種の仏教統一論を展開する。これを根本聖典として摂論宗が成立し,世親(せしん),無性(むしょう)によって注釈が作られた。
→関連項目真諦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうだいじょうろん【摂大乗論】

インド大乗仏教の論書。無著(むぢやく)(アサンガ)著。4世紀の成立。原題《マハーヤーナサングラハMahāyāna‐saṅgraha》。略称《摂論(しようろん)》。サンスクリット語原典は散逸し,チベット語訳と4種の漢訳(仏陀扇多訳,真諦訳,玄奘訳,達摩笈多訳)が現存。瑜伽行唯識派(ゆがぎようゆいしきは)の立場から大乗仏教の全体を体系化したもの。10章からなり,アーラヤ識の三性(さんしよう)説を中心に唯識を説き,六波羅蜜,十地,三学,涅槃,仏身まで論じている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうだいじょうろん【摂大乗論】

無著むじやく著。仏陀扇陀訳二巻、真諦訳・玄奘訳は各三巻。唯識ゆいしき説に基づいて大乗仏教の全体を組織化し、その根本思想を説く。摂論宗の根本聖典。摂論。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

摂大乗論
しょうだいじょうろん

仏教書。インド仏教瑜伽唯識(ゆがゆいしき)説の大成者無著(むじゃく)の代表的著作。サンスクリット原典は散逸したが、仏陀扇多(ぶっだせんた)、真諦(しんだい)、達摩笈多(だつまぎゅうた)、玄奘(げんじょう)による漢訳4本、さらにチベット訳が現存する。大乗仏教の精髄を唯識説の立場から10章にまとめて示した論典。中国では、玄奘訳以前に真諦訳がもっともよく流布し、これを中心に摂論(しょうろん)宗がおこった。649年(貞観23)完了の玄奘訳が現れてからは、これが真諦訳にとってかわり、法相(ほっそう)宗ではもっとも基本的な典籍の一つとして盛んに研究された。[袴谷憲昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone