コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産業労働懇話会 さんぎょうろうどうこんわかいRound Table Conference on Industry and Labour

2件 の用語解説(産業労働懇話会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

産業労働懇話会
さんぎょうろうどうこんわかい
Round Table Conference on Industry and Labour

略称は産労懇。政労使学のトップリーダーが産業労働政策全般について定期的に懇談する場。西ドイツの協調行動懇談会をモデルに 1970年労働大臣私的諮問機関として発足。会議では首相や主要閣僚を含む政府側出席者による時事の政策課題に関する報告を基に意見の交換が行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんぎょうろうどうこんわかい【産業労働懇話会】

1970年1月に設置された労働大臣の私的諮問機関。通常〈産労懇〉と略称され,ほぼ毎月1回会合をもっている。労使のトップ指導者と学識経験者,これに政府も加わるいわば4者構成の懇談の場で,産業労働政策に関する意見を広く求め,かつその協力を得るとともに,関係者相互間の理解を深めることを目的としている。自由懇談を趣旨として運営されているが,取り上げられる問題は,賃金,物価,雇用などを含めてきわめて多岐にわたっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

産業労働懇話会の関連情報