懇談(読み)こんだん

精選版 日本国語大辞典 「懇談」の意味・読み・例文・類語

こん‐だん【懇談】

〘名〙 じっくりと親しく話し合うこと。
西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「昔我輩の英国を去て此国に移住せしときの景況をも述べ、英国人一般の正論を請ひ、或は骨肉の縁を以て懇談し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「懇談」の意味・読み・例文・類語

こん‐だん【懇談】

[名](スル)打ち解けて親しく話し合うこと。「先生父兄懇談する」「懇談会」
[類語]談笑歓談懇話睦言会話話す話し合い対話対談談話面談雑談閑談語らいカンバセーション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「懇談」の読み・字形・画数・意味

【懇談】こんだん

十分話す。

字通「懇」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android