コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中寛一 たなか かんいち

3件 の用語解説(田中寛一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中寛一 たなか-かんいち

1882-1962 大正-昭和時代の教育心理学者。
明治15年1月20日生まれ。東京高師,東京文理大,日大の教授を歴任。昭和23年田中教育研究所を設立し,所長。「田中ビネー知能検査法」などを作成した。35年文化功労者。昭和37年11月12日死去。80歳。岡山県出身。京都帝大卒。著作に「教育的測定学」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中寛一
たなかかんいち
(1882―1962)

心理学者。岡山県の生まれ。1913年(大正2)京都帝国大学卒業。東京帝国大学大学院で松本亦太郎(またたろう)の指導を受け『心的動作に関する実験的研究』で文学博士号取得。東京高等師範学校教授、東京文理科大学教授を経て、日本大学教授、玉川大学学長となる。1936年(昭和11)田中B式知能検査を作成、それを用いて欧米・東洋の諸民族の知能の比較研究を行った。田中教育研究所を主宰し、『田中・びねー式知能検査法』(1947年、1954年改訂)をはじめ種々のテストを公刊。1960年(昭和35)文化功労者に選ばれた。ほかに『B式知能検査法指針』(1936)などがある。[宇津木保]
『『田中・びねー式知能検査法』(1954・日本文化科学社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の田中寛一の言及

【学力テスト】より

…例えば彼が初めて作成した客観的テスト(書き方考査尺度,1910)以降,1928年には,アメリカで標準化されたテストは約1300種,40年には2600種にもなった。日本においては,大正から昭和にかけてその研究が盛んになり,田中寛一の《算数計算問題基準》《算数応用問題の考査基準》《国語書き取り成績の考査基準》などはその代表的なものである。 学力テストは,教師作成テストと標準学力テストに二分される。…

※「田中寛一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

田中寛一の関連キーワードチェコ文学みかんぐみ早稲田大学市川団十郎電源開発坂東三津五郎北陸本線角閃石黒雲母花崗岩藤村志保北島三郎

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田中寛一の関連情報