コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中康夫 たなか やすお

2件 の用語解説(田中康夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中康夫 たなか-やすお

1956- 昭和後期-平成時代の小説家,政治家。
昭和31年4月12日生まれ。一橋大在学中の昭和55年,「なんとなく,クリスタル」で文芸賞。ブランド名をちりばめた小説が話題をよぶ。卒業後も現代風俗に取材した小説,ルポルタージュなどを発表。阪神大震災ボランティア活動にたずさわった。平成12年長野県知事となる。17年新党日本の代表。19年参議院議員。21年衆議院議員。東京出身。作品はほかに「ファディッシュ考現学」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中康夫
たなかやすお
(1956― )

作家、政治家。東京都武蔵野(むさしの)市生まれ。1976年(昭和51)一橋大学法学部入学。大学在学中の1980年に執筆した『なんとなく、クリスタル』で文藝賞を受賞。流行のファッションや店を登場させた新しい感覚の同作品は「クリスタル・ブーム」を巻き起こした。1981年一橋大学卒業。小説やエッセイを書くかたわら、テレビタレントとしても活躍する。2000年(平成12)10月に行われた長野県知事選挙で当選、史上最年少の県知事となった。すべての公共事業を見直すことを公約、翌2001年2月には「脱ダム宣言」を表明、2002年6月浅川、下諏訪(しもすわ)両ダムの建設中止を決定した。これをきっかけに7月、県議会で不信任決議案が可決され失職したが、同年9月に行われた知事選挙で再選された。2005年郵政民営化法案に反対して自由民主党を離れた国会議員とともに新党日本を結成、党代表に就任。2006年8月、3選をかけた知事選挙で落選するが、2007年の参院選(比例代表)に出馬、当選した。2009年8月の総選挙で兵庫8区から出馬して当選、参議院から衆議院に鞍替えした。[編集部]
『『なんとなく、クリスタル』(新潮文庫) ▽『神戸震災日記』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田中康夫の関連キーワード赤江瀑阿部牧郎玄侑宗久重兼芳子三田誠広阿部陽一石和鷹稲見一良広瀬仁紀森詠

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田中康夫の関連情報