コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中超清 たなか ちょうせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中超清 たなか-ちょうせい

1320-1381 鎌倉-南北朝時代の僧。
元応2年生まれ。検校(けんぎょう)田中陶清の次男。嘉暦(かりゃく)3年山城(京都府)石清水八幡宮の神宮寺権(ごんの)別当となり,康安2=正平(しょうへい)17年別当,ついで検校に就任した。永徳元=弘和(こうわ)元年11月4日死去。62歳。号は北田中

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

田中超清の関連キーワード南北朝時代元応

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android