コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田代忠国 たしろ ただくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田代忠国 たしろ-ただくに

1757-1830 江戸時代中期-後期の武士,画家。
宝暦7年10月29日生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士。佐竹義敦(よしあつ)につかえる。安永2年平賀源内が藩にまねかれた際,洋風画の手ほどきをうけたとされる。作品に「岩に牡丹図」「桜花図」など。文政13年10月9日死去。74歳。名は国綱。通称は周助。号は雲夢,金台散人,春秋庵

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田代忠国
たしろただくに
(1757―1830)

江戸中期の洋風画家。秋田藩士で、諱(いみな)を国綱(くにつな)、幼名忠誘、通称周助(しゅうすけ)、号を雲夢(うんむ)、金台散人(きんだいさんじん)、春秋庵(しゅんじゅうあん)といった。1773年(安永2)平賀源内の秋田訪問を契機として、主君の佐竹曙山(さたけしょざん)や同藩の小田野直武(なおたけ)とともに洋風画を描くようになったが、そのときわずか17歳であった。秋田蘭画(らんが)の画家のなかでは長命であったのに、遺作はあまり多く発見されていない。遺作には油絵はないが、作風は油絵の感覚に近く重厚で、東洋の人物画や花鳥画の洋風画化を試みている。[成瀬不二雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

田代忠国 (たしろただくに)

生年月日:1757年10月29日
江戸時代中期;後期の洋画家
1830年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

田代忠国の関連キーワード生年月日秋田蘭画後期

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android