コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田代忠国 たしろ ただくに

2件 の用語解説(田代忠国の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田代忠国 たしろ-ただくに

1757-1830 江戸時代中期-後期の武士,画家。
宝暦7年10月29日生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士。佐竹義敦(よしあつ)につかえる。安永2年平賀源内が藩にまねかれた際,洋風画の手ほどきをうけたとされる。作品に「岩に牡丹図」「桜花図」など。文政13年10月9日死去。74歳。名は国綱。通称は周助。号は雲夢,金台散人,春秋庵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田代忠国
たしろただくに
(1757―1830)

江戸中期の洋風画家。秋田藩士で、諱(いみな)を国綱(くにつな)、幼名忠誘、通称周助(しゅうすけ)、号を雲夢(うんむ)、金台散人(きんだいさんじん)、春秋庵(しゅんじゅうあん)といった。1773年(安永2)平賀源内の秋田訪問を契機として、主君の佐竹曙山(さたけしょざん)や同藩の小田野直武(なおたけ)とともに洋風画を描くようになったが、そのときわずか17歳であった。秋田蘭画(らんが)の画家のなかでは長命であったのに、遺作はあまり多く発見されていない。遺作には油絵はないが、作風は油絵の感覚に近く重厚で、東洋の人物画や花鳥画の洋風画化を試みている。[成瀬不二雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田代忠国の関連キーワード大堀正輔秋山遜三鍼清水直次高瀬栄寿樗雲林祐元松田駒水屋代通賢帒一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone