コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐竹義敦 さたけ よしあつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐竹義敦 さたけ-よしあつ

1748-1785 江戸時代中期の大名,画家。
寛延元年閏(うるう)10月4日生まれ。佐竹義明(よしはる)の長男。宝暦8年出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩主佐竹家8代となる。危機に瀕した藩財政の再建につとめるかたわら,平賀源内をまねいて家臣小田野直武とともに西洋画をまなんだ。天明5年6月10日死去。38歳。初名は義直。号は曙山(しょざん)。著作に「画図理解」「画法綱領」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さたけよしあつ【佐竹義敦】

1748‐85(寛延1‐天明5)
江戸中期の秋田藩主,洋風画家。号は曙山。分家壱岐守家から父義明とともに佐竹宗家に入り,1758年(宝暦8)11歳で8代藩主となる。前代の銀札発行の失敗などが藩財政を圧迫し,加えて土崎湊・久保田,江戸屋敷,久保田(秋田)城の火災等が財政難に拍車をかけた。一方,農村は無符人高が増大し,さらに83年(天明3)の飢饉が荒廃の度を強めた。【国安 寛】 曙山は秋田蘭画の主要作家の一人であった。はじめ狩野派の絵をよくしたが,1773年(安永2)平賀源内が秋田藩を訪れて西洋画の知識を伝えたときから,家臣の小田野直武とともに洋風画に転向し,東洋画の主題に西洋画法を導入した作品を描いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の佐竹義敦の言及

【秋田蘭画】より

…蘭画はオランダ絵,つまり洋風画を意味する。1773年(安永2)に秋田藩を訪れた平賀源内の指導により発足し,同藩主佐竹義敦(曙山),一族の佐竹義躬,同藩士小田野直武,田代忠国らの洋風画家が輩出した。この一派は近世初期のキリシタン系洋風画の衰滅後,最初に組織された洋風画派であるが,主要作家の西洋画法研究と作品の制作は,おもに江戸において同地の蘭学者と密接な関係をもって行われた。…

※「佐竹義敦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

佐竹義敦の関連キーワード佐竹義邦佐竹義和田代忠国佐竹曙山荻津勝孝常福寺

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐竹義敦の関連情報