コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田南岳璋 たなみ がくしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田南岳璋 たなみ-がくしょう

1876-1928 明治-昭和時代前期の日本画家。
明治9年5月19日生まれ。三重県の人。田中成章,ついで京都の幸野楳嶺(ばいれい)に入門。その後東京に出,久保田米僊(べいせん),野村文挙(ぶんきょ)にまなぶ。風景,花鳥をえがいた。日本美術協会,日本画会の会員。昭和3年2月11日死去。53歳。名は金太郎。通称は栞太。別号に城北閑人,錦多逸史。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

田南岳璋の関連キーワード治安維持法秋月の乱スラブ音楽アフリカ文学トルコ文学野口英世稲垣浩松竹(株)戦争文学ロダン

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone