田南岳璋(読み)たなみ がくしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田南岳璋 たなみ-がくしょう

1876-1928 明治-昭和時代前期の日本画家。
明治9年5月19日生まれ。三重県の人。田中成章,ついで京都の幸野楳嶺(ばいれい)に入門。その後東京に出,久保田米僊(べいせん),野村文挙(ぶんきょ)にまなぶ。風景,花鳥をえがいた。日本美術協会,日本画会の会員。昭和3年2月11日死去。53歳。名は金太郎。通称は栞太。別号に城北閑人,錦多逸史。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android