コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田宮坊太郎 たみや ぼうたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田宮坊太郎 たみや-ぼうたろう

仇(あだ)討ち物の主人公。
寛永(1624-44)のころ江戸で柳生新陰流の免許をとり,故郷讃岐(さぬき)(香川県)丸亀で父の仇討ちをしたという伝説上の剣術家。歌舞伎「幼稚子敵討(おさなごのかたきうち)」,人形浄瑠璃(じょうるり)「花上野誉石碑(はなのうえのほまれのいしぶみ)」や講談などおおくの作品に脚色された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

田宮坊太郎

江戸時代の敵討ち物戯曲の主人公。モデルは寛永18(1641)年,四国の丸亀で親の敵を討ったといわれる少年。史実としては疑わしく,伝説上の人物と考えられる。人形浄瑠璃や歌舞伎,講談などで広まり,「金毘羅利生記物」として名高い。歌舞伎「幼稚子敵討」(1753年初代並木正三作)を源流とし,「鍋祀貞婦競」(1777年初代並木五瓶ほか作),人形浄瑠璃「敵討稚物語」(1764年近松半二ほか作),「花上野誉石碑」(1788年司馬芝叟ほか作)などがある。「花上野」で,それまでの作品ではふたりだった子供がひとりになり,名前も坊太郎になった。また,坊太郎の乳母お辻の献身を描く「志渡寺」の場が有名である。

(近藤瑞男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

田宮坊太郎の関連キーワード宮川 左近(2代目)志度寺・志渡寺花上野誉の石碑魔界転生志度寺

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android