コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花上野誉石碑 ハナノウエノホマレノイシブミ

3件 の用語解説(花上野誉石碑の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はなのうえのほまれのいしぶみ〔はなのうへのほまれのいしぶみ〕【花上野誉石碑】

浄瑠璃。時代物。10段。司馬芝叟(しばしそう)・筒井半平らの合作。天明8年(1788)江戸肥前座初演。幼児の敵討ちが主題で、4段目「志度寺(しどうじ)」が有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はなのうえのほまれのいしぶみ【花上野誉石碑】

人形浄瑠璃。時代物。司馬芝叟・筒井半平らの合作。1788年初演。田宮坊太郎の仇討ちに、金毘羅権現の利生をとり合わせたもの。 → 志度寺しどうじ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花上野誉石碑
はなのうえのほまれのいしぶみ

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。時代物。十段。司馬芝叟(しそう)・筒井半二ら合作。1788年(天明8)8月、江戸・肥前座初演。1641年(寛永18)にあった丸亀の田宮坊太郎(小太郎)の敵討(かたきうち)を金毘羅権現(こんぴらごんげん)の霊験に絡ませて脚色した作で、四段目「志度寺(しどうじ)」の段が有名。足軽田宮源八は剣術師範森口源太左衛門に討たれ、一子坊太郎は志度寺に預けられ、敵を油断させるため口のきけない病を装っているが、忠実な乳母お辻(つじ)は金毘羅宮に祈りを込めて落命。坊太郎は霊夢により江戸へ出て剣術を学び、ついに本懐を遂げる。お辻が坊太郎の偽病を真実と思い、水垢離(みずごり)をして平癒を祈願するところが眼目で、歌舞伎(かぶき)でも円熟の女方(おんながた)の出し物になっている。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花上野誉石碑の関連キーワード花上野誉の石碑朝顔日記王代物時代浄瑠璃浄瑠璃芝居難波浄瑠璃箱根霊験躄仇討飯沼勝五郎司馬芝叟芝屋勝助

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone