コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田峯の田楽 だみねのでんがく

1件 の用語解説(田峯の田楽の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だみねのでんがく【田峯の田楽】

民俗芸能。愛知県北設楽(きたしたら)郡設楽町田峯の高勝(こうしよう)寺観音堂行われる田楽で,例年2月11日の昼から深夜にわたって行われる。本来は修正会(しゆしようえ)の行事で,1968年までは陰暦1月17日から18日朝まで行われていた。昼田楽,夜田楽,朝田楽からなり,祭りに奉仕する諸役はほぼ世襲制である。禰宜(ねぎ),羽織,先払(さいはらい),鳥追(各1人)を中心に四天田(4人),小田楽(10人)その他からなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone