田崎 勇三(読み)タザキ ユウゾウ

20世紀日本人名事典「田崎 勇三」の解説

田崎 勇三
タザキ ユウゾウ

昭和期の医師 癌研究会付属病院長。



生年
明治31(1898)年7月5日

没年
昭和38(1963)年5月24日

出生地
長崎県波佐木村

旧姓(旧名)
福田

学歴〔年〕
東京帝大医学部〔大正13年〕卒

学位〔年〕
医学博士

経歴
がんの臨床を志して昭和8年癌研究会付属病院内科部長、20年副院長、32年同院長。戦災後の同病院の復興に尽力するとともに、がんの研究で脚光を浴び、日本対ガン協会常務理事、日本学会会長としてその啓蒙活動を行った。36年がん特効薬といわれたSICを「ハナクソのようなもの」と一笑にふして話題になった。大相撲横綱審議会委員としても活躍。がん学者でありながら歯齦がんに冒され死去した。「死よおごるなかれ」「癌研の院長室で」「癌と長寿」などの名著で、がんの正しい知識を普及させた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「田崎 勇三」の解説

田崎 勇三 (たざき ゆうぞう)

生年月日:1898年7月5日
昭和時代の医師。癌研究会付属病院長;大相撲横綱審議会委員
1963年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android