コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田川鳳朗 たがわ ほうろう

3件 の用語解説(田川鳳朗の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

田川鳳朗

江戸後期の俳人。肥後生。通称は東源、号に対竹・鶯笠・芭蕉林等。桜井梅室・成田蒼虬とともに天保の三宗匠と称され、時の俳壇を風靡した。弘化2年(1845)没、84才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田川鳳朗 たがわ-ほうろう

1762-1845 江戸時代後期の俳人。
宝暦12年生まれ。寛政10年肥後熊本藩士を辞し,諸国を遊歴。江戸で俳諧(はいかい)師になり,真正芭蕉(ばしょう)風をとなえる。成田蒼虬(そうきゅう),桜井梅室とともに天保(てんぽう)三大家と称された。弘化(こうか)2年11月28日死去。84歳。名は東源,義長。別号に対竹,自然堂,芭蕉楼など。編著に「芭蕉葉ふね」「蕉門俳諧師説録」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田川鳳朗
たがわほうろう

[生]宝暦12(1762).熊本
[没]弘化2(1845).11.28. 江戸
江戸時代後期の俳人。本名,義長。通称,東源。別号,対竹,鶯笠,自然堂,藍蓼庵,京陵。初め熊本の綺石に,のち江戸に出て鈴木道彦に学んだ。天保三大家の一人。編著『正風俳諧芭蕉葉ふね』 (1817) ,『自然堂千句』 (35) ,『鳳朗発句集』 (49) ,『蕉門俳諧師説録』 (62) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の田川鳳朗の言及

【鳳朗】より

…江戸後期の俳人。姓は田川,名は東源,また義長。別号は対竹,鶯竹,芭蕉楼など。熊本の人。父鼎山や久武綺石に早くから俳諧を学び,京陵と号し,江戸に出て道彦(みちひこ)に従って鳳朗と改めた。蒼虬(そうきゆう),梅室とともに天保三大家の一人。野心家で統率力にたけ,大名や多くの貴顕をも門下に擁し,晩年二条家から〈花の本翁〉の称号を受けた。《芭蕉葉ぶね》を著して芭蕉の人格を目ざす俳諧を提唱。作品はやや詩情を欠き,理屈や小主観に堕して俗臭をとどめるが,かえってそれが江戸趣味の気風に通い,大衆に迎えられた。…

※「田川鳳朗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田川鳳朗の関連キーワード夜来石出烏旭逸山空二壺半酒井未白双竹大練舎長隠(1)不染

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone