コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田歌 タウタ

1件 の用語解説(田歌の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

た‐うた【田歌】

田植えの仕事歌。また、それを儀式歌謡にしたもの。大嘗祭(だいじょうさい)田舞、各地の社寺の田植え神事や田遊びの田植え歌に古い田歌が残る。 夏》「午(うま)の貝―音なく成りにけり/蕪村

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の田歌の言及

【民謡】より


[民謡の種類]
 日本民俗学の祖柳田国男は,民謡を〈平民のみずから作り,みずから歌っている歌〉(《民謡の今と昔》),〈作者のない歌,捜しても作者のわかるはずのない歌〉(《民謡覚書》)などと規定し,そうした歌謡の歌われる場と目的の面から民謡の種類を次のように分類した。(1)田歌 畑歌を含む。田打歌,田植歌,草取歌,稲刈歌など。…

※「田歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田歌の関連情報