田遊び(読み)たあそび

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新年に行なわれる豊作祈願予祝行事の一つ。御田(おんだ),春田打,田祭,庭田植えなどとも呼ばれる。寺院修正会にともなって行なわれてきたものも多い。地方により繁簡の差はあるが,神社の拝殿境内を田に見立て,太鼓や歌に合わせて,田打ち,代掻,早苗取り,虫送りなどの様子を演じるもので,多くは田植えまで演じて終わるが,収穫まで演じる祭りもある。また,田植えの演目に昼飯持(ひるまもち)などと呼ばれるはらみ女が登場し,人形を用いて出産のさまを見せる例も多い。の影響を受けたものもあり,地方によっては田楽猿楽神楽などの芸能とともに行なわれる。東北地方に伝わる田植踊は,田遊びのうちの早乙女の踊りを中心とする一連の仕様が風流化されたものといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

その年の稲の豊作を予祝する神事芸能。多く正月に、社寺の境内などで田打ちから収穫に至る一連の農作業を模擬的に演じる。地方により、御田(おんだ)・御田祭り・御田植え祭りなどともいう。 新年》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android