コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田遊び たあそび

3件 の用語解説(田遊びの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田遊び
たあそび

新年に行なわれる豊作祈願予祝行事の一つ。御田(おんだ),春田打,田祭,庭田植えなどとも呼ばれる。寺院の修正会にともなって行なわれてきたものも多い。地方により繁簡の差はあるが,神社の拝殿や境内を田に見立て,太鼓や歌に合わせて,田打ち,代掻,早苗取り,虫送りなどの様子を演じるもので,多くは田植えまで演じて終わるが,収穫まで演じる祭りもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

た‐あそび【田遊び】

その年の稲の豊作を予祝する神事芸能。多く正月に、社寺の境内などで田打ちから収穫に至る一連の農作業を模擬的に演じる。地方により、御田(おんだ)・御田祭り・御田植え祭りなどともいう。 新年》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たあそび【田遊び】

稲の豊作を祈願する神事芸能。多く正月に、一年の稲作の過程を模擬的に演ずる。おんだ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田遊びの関連情報