コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田舞/田儛 タマイ

デジタル大辞泉の解説

た‐まい〔‐まひ〕【田舞/田×儛】

五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈念して行われた古代儀式舞踊。民間の田仕事での歌舞が、宮廷に入って儀式化したもの。大嘗祭(だいじょうさい)のとき、主基(すき)方の人が奏したほか、伊勢春日(かすが)などの神社でも行われた。戦国時代に中絶し、今は大阪の住吉大社など2、3の神社に名残を伝える。でんぶ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

田舞【たまい】

古代の儀式舞踊の一種。民間の田植行事に行われていた歌舞を宮廷に取り入れ,大嘗会(だいじょうえ)などに行った。今日では大阪の住吉大社などに伝えられているにすぎない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たまい【田舞】

民俗舞踊に発したとされる古代舞楽。古く,民間で行われていた田行事の歌舞が,宮廷にとり入れられたものと思われる。田儛とも書く。《日本書紀》天智天皇10年(671)5月5日条に〈天皇西の小殿に御し,皇太子と群臣と宴に侍ひ,ここに再び田儛を奏(つかえまつ)る〉とあるのが初見。749年(天平勝宝1)孝謙天皇の東大寺行幸時にも五節(ごせち)田舞が奏された(《続日本紀》)。大嘗会(だいじようえ)(大嘗祭)には田舞が奏されるのが例で,そのため雅楽寮では田舞師,田舞生が置かれていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

田舞/田儛の関連キーワード和歌山県伊都郡かつらぎ町香取神宮御田植祭花園(和歌山県)御田植祭[住吉]高田 せい子服部 智恵子住吉の御田植花園[村]山田 五郎島田 正弌高田せい子高田 雅夫花園の御田かつらぎ町田歌・田唄田舞・田儛鳥栖(市)神埼(市)草摺引物日本舞踊

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android