コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都氏文集 トシブンシュウ

3件 の用語解説(都氏文集の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

としぶんしゅう〔トシブンシフ〕【都氏文集】

平安前期の漢文集。6巻(現存3巻)。都良香(みやこのよしか)の作を、元慶4年(880)ころに門下生が編集したもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

としぶんしゅう【都氏文集】

日本漢文。都良香(みやこのよしか)著。原6巻,現存は巻三,四,五の3巻でいずれも散文。佚した巻には,詩文,願文等があったと推定される。成立年は未詳だが,良香晩年の879年(元慶3)前後の成立か。作品は,多様な散文を網羅し,賦,銘,讃にも技巧的な押韻がみられ,策判や,省試・試判のごときものは対策や,試詩の及落判定の記録で他にみることのできない貴重な資料である。《群書類従》所収。【川口 久雄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

としぶんしゅう【都氏文集】

漢文集。六巻、現存三巻。都良香みやこのよしかの各種散文を、没後、門弟らが分類編纂したもの。平安前期成立。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone