綜芸種智院(読み)しゅげいしゅちいん

  • しゅげいしゅちいん ‥ヰン
  • しゅげいしゅちいん〔ヰン〕
  • そうげいしゅちいん〔ヰン〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天長5 (828) 年 12月 15日空海が京都九条に創立した普通教育機関。綜芸とは顕教密教儒教をいい,種とは菩提心をいう。身分上の制限により,当時の大学,国学に学ぶことのできない庶民のために開いた学問所。空海の没後は後継者がなくやがて廃絶弟子たちはこれを売って丹波大山荘を買い東寺領とした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

空海が設立した私立学校。従来の大学や国学が限られた身分の子弟を入学させ,かつ儒教中心の教育を行ったのに対し,はじめて庶民を対象とし,仏教および儒教を教授することを目的とした。綜芸はあらゆる学問,種智は仏の智の意。創立の時期は,空海によって〈綜芸種智院式幷序〉の書かれた828年(天長5)ころと考えられる。同式幷序には,藤原三守の寄進した左京九条の宅・地によって設立したこと,仏教すなわち顕密の二教と儒教の計三教を教育の基本とすること,広く貧賤の子弟に門戸を開くことを明らかにし,さらに仏教および外典の教師を招くこと,教科目,教師と弟子への糧食の支給などを定めている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平安時代の庶民教育機関。828年(天長5)空海(くうかい)が、大学・国学に学ぶことを許されない人のために、藤原三守(みつもり)より施与(せよ)された左京九条二坊の2町余の敷地に設立した。「綜芸種智」とは、各種の学芸を教授して、大日如来(にょらい)の仏智を広め表すの意。儒教と、仏教を顕密(けんみつ)二教とみて、この三教一体の思想を教育原理とし、三教の融合的効果を期待したので、内典(仏教関係の書)と外典(げてん)(仏教以外の書)をあわせて教えた。835年(承和2)空海が没し、ついで三守もなくなったので、空海の弟子実慧(じちえ)(東寺長者)はこの院を売却して丹波国(たんばのくに)大山荘(おおやまのしょう)を買って伝法の料所とした。

[大塚徳郎]

『桃裕行著『上代学制の研究』(1947・目黒書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

天長五年(八二八)、空海が創設した私立学校。京都九条の藤原三守の旧宅を施与されてこれを敷地にあてた。庶民の子弟の教育を目的とし、仏教だけでなく儒教をも合わせ、内外典を講じた。空海の死後承和一二年(八四五)に廃絶。旧地は弟子らによって売却され、その代価で伝法料丹波大山荘が購入された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

平安初期,空海が開設した日本最初の庶民教育機関
828年京都に創立。大学・国学に入れない身分の人びとを対象に儒学・仏教を合わせ講じたが,空海の死後まもなく廃絶した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の綜芸種智院の言及

【学校】より

…唐の制度を模したこれらの学校は官吏登用のための官学であり,一方,有力氏族が一門の子弟のために私学を創設する例も多く,藤原氏の勧学院,橘氏の学館院,和気氏の弘文院などがその代表的なものであった。以上にあげた学校が上流社会の子弟のみに門戸を開いていたのに対し,庶民のための学校として例外的に設けられたのが,空海による綜芸(しゆげい)種智院で,設立は828年(天長5)あるいはその数年前と推定されている。綜芸は仏・儒・道の三教を指すのかどうか明白でないが,種智は菩提心を育てることであり,彼の著作《三教指帰》からも明らかなように,仏教の教育に力を入れようとして設立されたのである。…

※「綜芸種智院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android