由良守応(読み)ゆら もりまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

由良守応 ゆら-もりまさ

1827-1894 明治時代の実業家。
文政10年生まれ。民部省,大蔵省をへて,明治4年から宮内省に勤務し,岩倉使節団に随行して欧米諸国を歴訪。7年乗合馬車業の千里軒おこし,浅草-新橋間に30人乗りの2階建て馬車(オムンボス)をはしらせた。19年大日本発動機を設立。明治27年3月30日死去。68歳。紀伊(きい)日高郡(和歌山県)出身は義渓。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android