コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲冑魚類 かっちゅうぎょるいOstracodermi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甲冑魚類
かっちゅうぎょるい
Ostracodermi

カブトウオともいう。狭義には魚類中最も原始的な甲皮類をさし,広義には板皮類をも含む。体は甲板で包まれ,骨の石灰化も進んでいない。甲皮類は顎が発達せず,鰭 (ひれ) の発達も悪く,活発な遊泳はできなかった。板皮類は外形が現在の魚に近いが脊椎の中心骨もなく,鰭も十分発達していない。オルドビス紀の破片が知られているが,シルル紀に明瞭なものが出現し,デボン紀が最盛期。大部分のものが淡水に生息していたとみられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

甲冑魚類の関連キーワードオルドビス系

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android