甲斐庄 楠音(読み)カイノショウ タダオト

20世紀日本人名事典の解説

甲斐庄 楠音
カイノショウ タダオト

大正・昭和期の日本画家



生年
明治27(1894)年12月13日

没年
昭和53(1978)年6月16日

出生地
京都府京都市上京区椹木町竹屋町角

旧姓(旧名)
甲斐荘 楠音(カイノショウ タダオト)

学歴〔年〕
京都市立美術工芸学校図案科〔明治45年〕卒,京都市立絵画専門学校〔大正4年〕卒

経歴
楠木正成の末裔にあたる甲斐荘の家に生まれる。のち、家系の重さを逃れて自由に生きるため甲斐庄に改名。谷口香嶠、川北霞峰に師事。大正7年村上華岳の勧めで第1回国画創作協会展(国画展)に「横櫛」を出品、樗牛賞候補となり一躍流行作家となる。以来、同展に出品し、13年国画創作協会会友、15年会員。日本画に洋画のリアリズムを加えた技法で芸者、娼婦などを官能的に描いた。第5回国画展では土田麦僊の“きたない絵”批判で出品を拒否され、昭和3年国画展解散後、仲間と新樹社を結成するが、次第に画壇から遠ざかる。溝口健二との出会いを経て、16年映画界に転身、映画の衣裳、風俗考証などに優れた才能を発揮した。晩年再びその作品が注目され、51年には東京三越で回顧展が開催された。他の作品に「舞ふ」「歌妓」「娘子」「椿姫」などがあり、映画担当作品に「元禄忠臣蔵」「雨月物語」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甲斐庄 楠音の関連情報