コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲高/疳高 カンダカ

デジタル大辞泉の解説

かん‐だか【甲高/×疳高】

[形動][文][ナリ]声が甲高いさま。
「―な女の声」〈荷風つゆのあとさき

こう‐だか〔カフ‐〕【甲高】

[名・形動]
手や足の甲が高いこと。また、そのさま。「幅広で甲高な足」
足袋や靴で、足のにあたる部分が特に高いもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうだか【甲高】

( 名 ・形動 )
足の甲の高く張り出ている・こと(さま)。 「 -な足」
靴・足袋などで特に甲を高く作ったもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

甲高/疳高の関連キーワードコクラン(Constant兵庫県神戸市灘区六甲山町アマミノクロウサギ知多3号たまねぎ浪花亭 綾太郎カマドコオロギ三宅 庄市元信淡路島たまねぎかんから太鼓きゃあきゃあアオマツムシ淡路たまねぎ小倉祇園太鼓田の中 勇ツルモドキ清水よし子猫鳴症候群きいきい声バンジョーカリガネ

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android