コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

きんきん きんきん

大辞林 第三版の解説

きんきん

( 副 ) スル
声や音が高く鋭いさま。 「 -した声」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

きん‐きん

[副](スル)音や声がかん高くて、耳に鋭く響くさま。「きんきんした子供の声」
[形動]
かたく張りつめたさま。「きんきんに張った池の氷」
しっかりと冷えているさま。「冷蔵庫できんきんに冷やしたビール」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

きんきんの関連キーワード悪性過高熱(悪性高熱症)国語に関する世論調査おもな神経筋疾患遺伝のしくみ鱗形屋孫兵衛辰巳之園恋川春町甲走る江木衷草双紙冷蔵庫金瓶梅黄表紙近近

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

きんきんの関連情報